ブログにお越しいただきありがとうございます。
ゆうマッサージのたなかです。

 

今の時期、マラソンシーズンで全国各地いろんな大会が行われていますね。
初めて走る方、何本か走るうちの1本の方、それぞれだと思います。
くれぐれもケガなく最後まで行けることを願います(なかなか大変ですからね(^▽^;)

しっかり記録を狙うため、ケガの予防の為、ぜひこれはしっかりしてほしいと思います。
        「ウォーミングアップ」

0148c4a6e66a4222750be467feb63770c41e50449e

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーミングアップ

 

どの方もこの言葉は耳にされたことがあると思います。
何をするにもまずこれから始めるといってもいいくらいかなと思います。

01437a7b60a3078690a8577fc14b97dbdbc34d8489

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目的として
身体から見れば
○スポーツするときパフォーマンスを発揮できるように身体を適応状態にすること。
傷害面からみれば
○ケガの予防や再発防止
心理的な面から見れば
○集中力を上げて、程よい興奮状態に持っていくこと。

 

たくさんの効果がありますがシンプルに考えてみれば
読んで字のごとく体温を上げることが一番の目的だと思います
images-2

 

 

 

 

 

 

 

ウォーミングアップ

 

体温を上げることで
体温を上げることで、筋肉を柔軟性がUPします。
柔軟性がUPすることで、関節の可動域も確保できる。
故障の予防につながるし、パフォーマンスの向上にもなる。

01437a7b60a3078690a8577fc14b97dbdbc34d8489

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にするときの順番を考えてみれば
○まず軽く歩く、走るなどで身体を温めて
○程よく可動域を広げるストレッチをして
○競技に沿った動きにならしていく

 

01eb5a48814c55f50be5f6e0cf8006833bbe44f99f

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのがいいのかなあと思います。
車も多少走らせて慣らしていくと燃費が良くなるみたいな感じでしょうか
(チョット違うかな・・(^▽^;))

 

ウォーミングアップしないと

 

ウォーミングアップしないと

ウォーミングアップしないと上記の事をしないということなので
故障のリスクが高くなり、パフォーマンスが上がらない事に
繋がる可能性が高くなりますよね。

 

時間がとれない、場所がないなどありますが・・・・
身体の疲労の蓄積度合いや、関節の負担の度合い
回復にも関わってきます。

 

寒い時期なら尚更

 

寒い時期なら、尚更冷えやすく、体温が上がりにくいので
パフォーマンスが上がりにくい、故障リスクも高くなる。
なのでいつもより長めの時間をかけて念入りにウォーミングアップしていく必要があります。
(寒いだけで痛みに敏感になりますので)

 

 

先ほど申し上げた通り、順番は
○まず軽く歩く、走るなどで身体を温めて
○程よく可動域を広げるストレッチをして
○競技に沿った動きにならしていく、がスムーズに行けるかと思います

012c24c5506cb09c7c4ad404f764f3de97e14fe597

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

最後に、スポーツするのが目的なので、ここにばかり注目するのは

時間的に厳しい、めんどくさいと思われる方が多いと思います(僕もそう思いますので)

 

でも毎回運動する際に、これをして臨む方、しないで臨む方
長い目で見ていくと、差が出てくると思うんです(クールダウン同様)

 

イチロー選手、三浦カズ選手、そもそも持っている能力が高い選手ですが、
今でも現役で続けることが出来る理由、あそこまで続けることが出来る、身体を維持できる理由

 

おそらく、当たり前のことを当たり前に繰り返している、
このあたりにつながっているのではないかなあ~と勝手にですが思っています。

images-2

 

 

 

 

 

 

 

長々と書いてしまいましたが、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

たなか

 基本情報
■ゆうマッサージ治療院    (長崎 諫早 スポーツマッサージ 鍼灸)■【住所】 長崎県諫早市東小路町10-21-4
【ご予約、お問い合わせ】0957-46-8585

【営業時間】10時~21時
【最終受付】20時(変動有)
【定休日】不定休
【最寄駅】島原鉄道 本諫早駅から1分      諫早図書館より徒歩30秒