ブログにお越しいただきありがとうございます

ゆうマッサージのたなかです(長崎 諫早 マッサージ)

突然ですが、自分の中では割とカラダ柔らかい方と勝手に思っています(^▽^;))

01eb5a48814c55f50be5f6e0cf8006833bbe44f99f

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは周りの方に比べての話で、実際のところどうなのと思いまして

 

関節の柔らかさを見るうえでこんな検査があります

 

関節の弛緩性のテスト

 

 

1.手関節 母指がついちゃう

0198d26eee08ec221634e2cca0613719e16e8ac42d

 

 

 

 

 

 

 

 

2.肘関節 肘過伸展15°以上ある(バレーボールのレシーブのように手を組んだ時、両肘がついちゃう)

010aa75ce7e88c873223bb3504c8152271d2f8cd1e

 

 

 

 

 

 

 

 

3.肩関節 背中の後ろで指が組めちゃう

01f00aa32a8b6291431fff6fe50c2d92270b197a19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.膝関節 膝過伸展10°以上である(膝を逆方向に反っちゃうこと)

01797dab90af635d0c187cdc8cff5bad2c4a4cd8e7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.足関節が45°以上背屈できる

01db777876ecbd237d0265f53d64b06f1faec65873

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6.前屈で掌(てのひら)が床についちゃう

01ec077ca519d763f1eb799b3f44c0f24a20523914

 

 

 

 

 

 

 

 

7.足先が180°以上ひらいちゃう

01802dac87c925ef5ba37b7857f25063679463c99c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり硬いかも・・

 

上記で出来るものが多いと関節が柔らかく、少ないと硬いということ

になります。(僕は7がやっとできる程度)

 

 

4つ以上出来たら関節の弛緩性が強いということみたい(ゆるいよってことです(^▽^;))

逆に0個か1個だと硬い方とのことみたい。

 

 

てことは、自分は硬い方てこと。

つまり全体的な柔軟性は高いけど1つの関節中心で見てみると

そこまでないということなのかな。

(伸びやすいところが伸びて、肝心なところは伸びていないということ)

 

 

 

参考までにこんな考え方も・・・

柔軟性が高くても、低くてもケガをする割合はそこそこ高い

01acfa062b2af4c7b8356271e203f4c00891fd595e

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、そうだな~と思いました。

 

まずは自分はどうなのかを知ること

 

柔らかすぎても、硬すぎてもケガにつながりやすい。

程よいのが一番イイってことなんでしょうけど(かといってストレッチは良くないということではなく)

 

 

まず自分の関節の柔らかさを把握しておくことがケガを防ぐ

一歩かなあと思います(それに対してストレッチをすること)

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

■ゆうマッサージ治療院■

【営業時間】10:00~21:00(LO20:00)不定休

【TEL】0957-46-8585

【住所】854-0014 長崎県 諫早市 東小路町 10-21-4
■ 11月12月の不在日のお知らせ ■

11月30日~12月4日、12月18日研修会参加の為ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します

メニュー

アクセス

患者様の感想一覧

0957-46-8585

お問い合わせ

ゆうマッサージホームページ