長崎 諫早、スポーツマッサージで疲労を早く抜いています

貧血はスポーツしているしていないに限らずカラダにはよくないです。
ゆうマッサージのたなかです

 

女性の選手の方には切っても切り離せないのが貧血
不足すれば疲れやすいやスポーツしていたら故障に繋がったり

 

なったら大変で戻るまで時間を要するので
ならないようにしていくことが大切です。

 

その予防には食事が一番大切!!
今回は先日出たセミナーの貧血を予防するための食事の復習になります。

 

重要なのは下記の3つ

①ヘモグロビンを材料である鉄とタンパク質を摂る
②吸収を高めるためにビタミンCを摂る
③エネルギー摂取量を確保する

 

 

 

①ヘモグロビンを材料である鉄とタンパク質を摂る

ヘモグロビンの材料は鉄とタンパク質からになります。
だから鉄を含むものとタンパク質を含むものを摂らないといけないです。

 

鉄が多く含まれている料理として
レバー、牛肉、マグロの刺身、カツオのたたき、目玉焼き、
豆腐のやっこ、ホウレンソウ、厚揚げなど

 

お肉などの動物性のものはヘム鉄と言って腸に吸収されやすい。
でも豆腐や大豆など植物性のものは腸に吸収されにくい。

 

 

 

②鉄吸収を高めるためにビタミンCを摂る

 

 

せっかく食べた鉄でも吸収されないと意味がないので
鉄の吸収を高める効果のあるビタミンCと一緒に摂ると効率がいいです

 

ビタミンCが多く含まれる食品
【果物】
オレンジ、グレープフルーツ、果汁100%オレンジ、
グレープフルーツジュース、イチゴ、柿、キウイ

【野菜】
ブロッコリー、ホウレンソウ、ミニトマト
キャベツ、ジャガイモその他

 

タンパク質単独ではなく、一緒にみかんなどを食べること。
リンゴやバナナなどは意外とビタミンCが少ない。

 

③エネルギー摂取量を確保する

 

栄養を考えて鉄、タンパク質、ビタミンCと食べてもそもそものエネルギー量が少なかったら全部エネルギーに回されます・・。

意味がないです。

 

そんなときはまず食事の基本形(主食、主菜、副菜、乳製品、果物)を作ることから始める。この中に鉄が多く含まれるものを2品以上入れれるといい。(お肉、豆腐、ホウレンソウ、卵、納豆とかこれにみかんとか)

まとめ

 

○ヘモグロビンの材料である鉄とタンパク質を摂る
○鉄の吸収を高めるビタミンCと一緒に摂る
○エネルギー摂取量ご飯を確保する

 

毎食これを実践するのは大変だと思いますが3食のうち1食でもいいので少しづつ
やってみるといいと思います。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ゆうマッサージ治療院
【営業時間】10:00~21:00(LO20:00変動有)不定休
【TEL】0957-46-8585
【住所】854-0014 長崎県 諫早市 東小路町 10-21-4ホーム /
コース /
 患者様のご感想 /
プロフィール /
アクセス /
お問い合わせ /
Q&A /
フォト友だち追加