ホーム 患者様のご感想一覧 プロフィール アクセス 当院コース一覧

ブログにお越しいただきありがとうございます。ゆうマッサージのたなかです

足の裏はスムーズに歩くためのクッションの役割から内臓の反応がでる場所など、生活の影響をすごく受ける場所の一つになります。

 

第2の心臓と言ったりもしますよね。

だから疲れも溜まりやすいところ。

 

疲れを溜めないように、早く取るために、

今回は足底のセルフマッサージを書いてみたいと思います。

ポイントを3つとストレッチ1つに絞ってみましたので、みてもらえたら嬉しいです。

 

押し方、揉み方の注意点は、親指を重ねて押す、痛めているところは無理して押さない、ぐりぐりではなくじわーっと押すです。

 

まず、場所の確認。

最初にまずは場所の確認です。大まかに、3箇所を押して行きます。

  • ①足の裏の内側、外側のアーチ
  • ②拇指球と少指球、骨の間をイメージしておして行きます
  • ③踵周りをなぞりながらおしていく
  • ④最後に指の間のストレッチ

 

 

あくまで僕が押す時のイメージなのでご理解をよろしくお願いいたします。

 

①内側、外側のアーチ

①足の裏の内側、外側のアーチ

内側のアーチは親指の母指球からかかとの内側まで、

外側のアーチは小指の少指球からかかとの外側に向かって、沿って押して行きます。

 

ここは疲れがよく溜まる、硬くなりやすいところなのでグリグリではなく、ゆっくりじわ〜っと押して行きましょう。

 

そもそもアーチは足裏はクッションの役割で、つま先が上がるとの指が上に向くと緊張する特徴があります(ウインドラス機構の構造で)

硬くなるとクッションの働きが弱くなり、歩く時など重心移動がスムーズに行かなくなることも・・・。

大分重要なところです。

 

②骨の間をイメージしておして行きます

②拇指球と少指球、骨の間をイメージしておして行きます

ちょうど指の関節のところで少し硬いところです。足の甲側の四指と裏側の母指で挟み込んで、骨の間に親指の先を入れ込むようにほぐして行きます。

 

 

 

③踵周りをおしていく

踵周りをなぞりながらおしていく。

足裏の真ん中、先と押したので最後に踵の周りをなぞるように押す。この時にかかとの真ん中ではなく、かかとの角、はしっこをイメージして揉んで行きます。

 

 

④最後に指の間のストレッチ

最後に指の間のストレッチ。

指の間をできる限り広げて伸ばします。伸ばせない方は指の間に手の指を入れ込みましょう。そうするとだいぶ伸びますよ。

①、②、③、④イメージできたでしょうか?

 

 

他に指圧しながら、足の指を動かしてあげるのもいいです

揉むのが苦手、もしくは揉まれるのが苦手でしたら、

親指を固定したまま、足の指を背屈と底屈繰り返して、ほぐれるのを待つのもいいです。

 

 

揉むのと自分で動かすのを繰り返していくと緩みやすいので。

これにストレッチも組み合わせていくともっとほぐれやすくなります。(お風呂の中とかサウナとかでもおススメ)

 

まとめ

今回は足の裏のセルフマッサージ、ポイント3つを書かせていただきました。

  • ①内側、外側のアーチ
  • ②骨の間をイメージしておして行きます
  • ③踵周りをおしていく
  • ④最後に指の間のストレッチ

 注意点は痛みがあるところは避けること、グリグリ揉むのではなく、じわ〜っと押していくこと。

 

スポーツしている方でしたら足底腱膜炎、シンスプリントの方、

むくみ、冷えなどある方に大変オススメ、お風呂上がりなどでしてみるとさらにいいですよ。

 

 

いつまでも動ける身体づくり、維持のためにはセルフケアも大事です。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ホーム 患者様のご感想一覧 プロフィール アクセス 当院コース一覧

ゆうマッサージ治療院
【営業時間】10:00~21:00(LO20:00変動有)不定休

【TEL】0957-46-8585
【住所】854-0014 長崎県 諫早市 東小路町 10-21-4

nbsp;