長崎 諫早、スポーツマッサージで疲労を早く抜いています

ホーム 患者様のご感想一覧 プロフィール アクセス 当院コース一覧

ブログをご覧いただきありがとうございます。長崎県諫早市でスポーツマッサージ&鍼灸で疲労を抜いています、ゆうマッサージのタナカです。

 

ランナーさんのケガ、故障をみさせてもらっていますと、腸脛靭帯炎という、膝の外側に痛み、違和感が出てくる方がたまにいらっしゃいます。

 

走り初めから出る方、走っていて後から出てくる方人それぞれですが、出てくると、痛みが付きまとって長引く方が多いです。

 

そうなると、

 

せっかく運動不足でランニングしている、マラソンに向けて走っている方でも、治すために休止せざる終えません。

 

その腸脛靭帯炎を少しでも早く治したい、マラソンに向けてトレーニングを開始したい方へ

 

今回はその膝の外側に痛み、違和感が出ることが多い腸脛靭帯炎。その原因、セルフケア、治療などを書いてみたいと思います。

 

 

大まかに理解しておく方が、ただストレッチをしているという感じから、この部分を伸ばして柔らかくするストレッチと目的がはっきりしますからいいですよね。

 

少しでもお役に立てましたら嬉しいです。

 

 

場所(解剖)から

まず腸脛靭帯の場所はここ。

お尻から膝よこにかけてついているとても大きな靭帯です。

 

 画像:BIJIBLE BODY

 

靭帯なのであまり伸びませんが、上は殿筋、大腿筋膜張筋から始まり、

下は膝よこの骨についています。

 

 

 

 

症状

腸脛靭帯炎はランナーさんでよく見る症状で、走ると膝の横の部分に、

擦れる感じ、違和感、痛みが出たりします。

 

ジョグしてすぐに痛くなる方もいれば、後から徐々に痛みが出てくる方もいます。

 

 

原因として

腰や臀部の緊張で硬くなり、カラダの横の腸脛靭帯が引っ張られる。

ランニング動作をすることで膝の横の部分が接触する、

擦れるようになり結果、痛みにつながることが多い。

 

腰や臀部の緊張は、

トレーニングの疲労によって、練習のやりすぎによって、フォームによって、

O脚などアライメントによって、筋力不足によってなど・・

引き起こされること、多岐に渡ります。

 

 

治療、ケアとして

痛みがある時はまずアイシングで痛みを抑えることが優先です。

併せて、痛みを誘発するランニング動作などを中止する。

腰や臀部、太もも周りをマッサージして柔軟性を出していきます。

 

 

予防、セルフケアとして

練習の量や疲労の蓄積度合いもありますがセルフケアとして、

痛みがある時はもちろんアイシング。

 

腸脛靭帯のストレッチ、臀部などの股関節のストレッチをしていくこと、

マッサージなどで疲労を抜きつつ柔軟性を出していくことが重要です。

また、

フォームや重心がブレて結果的に腸脛靭帯にストレスがかかることもあるので、

それを安定させるために腹圧、背筋の体幹のトレーニングも合わせてやっていくことも

とても大切。

 

 

まとめ

今回はランナーで膝の外側の痛み、違和感でよく耳にする、腸脛靭帯炎について症状、原因、セルフケアなど調べてみました。

 

この症状が出てくると長引くことが多いので、中途半端にトレーニングするより、練習を休止してケアしながら戻していくほうが早く落ち着くことが多いです。

 

 

走るのを休止して、トレーニングは体幹をしっかりして安定させる、持久力が落ちるのでプールで脚を使わないで泳ぐ。日頃と別の動きをすると動かし方が変わるのでいい刺激になったりもします。

 

 

早くカラダを戻してランニングを楽しみましょう。

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

 

ホーム 患者様のご感想一覧 プロフィール アクセス 当院コース一覧

友だち追加(お得なクーポン配信中)

ゆうマッサージ治療院
【営業時間】10:00~21:00(LO20:00変動有)不定休

【TEL】(クリックするとかかります)0957-46-8585 
【住所】854-0014 長崎県 諫早市 東小路町 10-21-4

nbsp;